レストラン事業者は、店内飲食の再開のため新たなルールを受け入れる

飲食店の経営者らは、厚生省が定めた新しい営業再開のルールを喜んで受け入れています。対策は厳しく、すべての顧客にワクチン接種の証明書を提示させなければならないことになっています。バンコク・ポスト紙の報道によると、店内飲酒の再開は、厳しく管理されている濃赤色の29県で「サンドボックス」と同じようなコンセプトのもとに行われるという。

明日開催されるCovid-19疾病管理センター会議で、公衆衛生省はレストラン再開に向けてサンドボックス方式を提案すると見られている。この計画では、レストランで働くすべての従業員に十分なワクチン接種を義務付け、5〜7日ごとに抗原検査キットによる検査を受けることになっている。また、バンコク・ポスト紙によると、レストランは風通しの良い場所で営業し、客にはワクチン接種の証明書の提示を求めることになるという。

数多くの条件があるにもかかわらず、レストラン経営者たちはこの新しいルールを喜んで受け入れるという。「Zen」や「AKA」「On the Table」などのブランドを運営するZen Corporationのボーニョン・タンサクール氏は、このスキームの重要な条件として、ウイルスの再流行が起きても、レストランが再び閉鎖を命じられないことを挙げています。

「このスキームでは、ガイドラインに従うことができるレストランは、政府からレストランの安全性を示すサインを得ることができ、新たなパンデミックの波が発生しても閉鎖の対象とはなりません。さらに重要なことは、このガイドライン案の下では、今後、政府の一貫性のない制限措置が導入されても、私たちはもはや頭を抱えることはないということです。」

ブラックキャニオン・チェーンのカンニカ・チンプラシスチャイ氏は、彼女も新しいルールを受け入れており、お客様は再び外食が出来ることを心待ちにしていると付け加えました。

「私たちは、お客様がレストランで外食出来ることを心待ちにされていると信じています。でも、いくつかのガイドラインによって少し不便に感じるかもしれません。」

また、セントラル・レストラン・グループのナス・ヴォンファニック氏も同様の意見を述べており、この厳しい措置はお客様の信頼を高めることになると語っています。

「サンドボックスのコンセプトが採用されれば、私たちは徐々にレストランを再開する準備ができています。最初のうちは消費者をレストランに呼び戻すのに時間がかかるかもしれませんが、持ち帰り用のビジネスは絶対に改善され、会社の売上アップにつながると信じています」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です