新プロジェクトは、バンコク近隣の脆弱な人々を対象とした集団検査を目的としています。

バンコクのプラナコーン地区では、ホームレスなどの弱者を守るために、新型コロナの集団検査を伴う新しいプロジェクトが開始されています。クロング・ロッド Covid-free “と名付けられたこのプロジェクトは、政府と協力している市民社会組織のグループによって始められました。

このプロジェクトの名前の由来は、プラナコーン地区のクロング・ロッドにあります。クロング・ロッドが選ばれた理由は、この地域にはリスクを抱えた人々が集中していることが知られているからです。このような人々の多くは、新型コロナの猛威が国を襲っていたため、政府から見落とされていました。そのため、新型コロナやその他の病気にかかっても、治療を受けることができませんでした。

このような人々の窮状を全く知らないわけではなく、イッサラチョン財団(Issarachon Foundation)を筆頭に、いくつかの組織が国の機関と協力して、この地域の見落とされている弱者に新型コロナテストとワクチンを無料で提供することを決定した。社会開発・人間の安全保障省によると、このプロジェクトの目標は、この地域を首都初の新型コロナのない地域にすることだという。同省のパチャリー・アラヤクン常任書記は、毎週金曜日にクロン・ロッドで積極的な症例調査が行われると付け加えています。パチャリー氏によると、この地区では毎週約200人が検査を受けるそうです。彼女によると、ホームレスやCovid検査を受けられない人たちが優先されるとのことです。

イッサラチョン財団の事務局長であるアドチャラ サラヴァリ氏によると、検査は最高裁判所の建物の裏にある運河沿いの場所で行われるとのことです。この場所は先週の金曜日から予防接種センターとして使われていました。この新しいプログラムでは、抗原検査キットとRT-PCR検査の両方を提供し、2週間かけて積極的に症例を見つけていきます。

さらにアドチャラ氏は、イサラチョン財団が専門家を雇って、この地域からコヴィドがいなくなるようにするための別の解決策を考えていると言います。また、パンデミックが始まって以来、イサラション財団はすでに弱者への支援を行っているとも付け加えました。

「フェイスマスク、食べ物、薬を配り、Covid-19のアドバイスをしてきました」とアドチャラは言います。

「しかし、彼らは一般市民から無視されているだけでなく、国も彼らにほとんど手を差し伸べていません。ホームレスの人が陽性と判定された場合、IDカードがなければ、感染が確認された後、どこに行って治療を受ければいいのでしょうか?”」

財団はすでに、チュラボン王立アカデミーなどの組織から、ワクチンや薬、コビットテストなどの支援を受けています。バンコク・デュシット・メディカル・サービスの第3グループのCEOであるコンキアット・ケスペチャラ博士は、「クロングルード・コビットフリー」がうまくいけば、他の低所得者層の地域におけるコビット管理のモデルになるだろうと言います。

コンキアット医師によると、低所得者層の感染率は、収入の多い家庭よりも高いのが普通です。また、クロング・ロッドでの集団検診の実施を決定したのは、クロントーイでの感染症の発生を見たことがきっかけだったと言います。クロントーイでは、Covidの蔓延を防ぐためには、大量の検査が重要であることを示しています。

また、ホームレスの人たちは車を持っていないことが多いので、彼らへの医療支援を政府に求めています。ホームレスの人々がCovidに感染しないようにすることは、他の人々がCovidに感染しないようにすることにつながるという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です